会社沿革

会社のあゆみ(抜粋)

1942(昭和17年)3月 創業(東京都大田区森ヶ崎)
1952(昭和27年)10月 村山鋼材シャーリング(株)設立
1958(昭和33年)5月 東京第一工場開設(平成3年9月、浦安へ移転)
1958(昭和33年)8月 富士製鐵(株)<現 新日鐵住金(株)>の指定シャーリング工場
1958(昭和33年)12月 業界最初の広幅厚板コイル・レベラー・ライン開発
1960(昭和35年)5月 日本鋼管(株)<現 JFEスチール>の指定工場
1965(昭和40年)6月 世界最初のコイル・ショット・ブラスト・スキンパス・ライン開発
1972(昭和47年)6月 東京第二工場開設<元 東京工場>
1973(昭和48年)12月 商号を村山鋼材(株)に改称
1974(昭和49年)7月 業界最大級のジャンボ・カッティング・ライン(JCL)1号機開発
1989(平成1年)10月 浦安工場開設
1991(平成3年)6月 浦安営業倉庫開設
1991(平成3年)6月 営業倉庫業の許可免許取得
1993(平成5年)4月 住友金属工業(株)鹿島製鉄所<現 新日鐵住金(株)>の委託工場
2002(平成14年)5月 レーザー切断用鋼板の開発
2004(平成16年)9月 船橋営業倉庫開設
2009(平成21年)1月 エコアクション21認証・登録(本社及び東京工場)
2012(平成24年)1月 北関東営業所開設
2012(平成24年)2月 西東京営業所開設
2012(平成24年)6月 JCL-1をリニューアルして浦安工場へ移設、東京工場を閉鎖
2012(平成24年)11月 神奈川営業所開設
2013(平成25年) 2月 本社事務所を浦安へ移転
2013(平成25年)10月 牛久太陽光発電所を開設